トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

articles

Last-modified: 2019-02-10 (日) 05:25:31 (351d)
Top / articles

査読論文

  • Shiraki, Y. , Oishi, Y. , Lee, S. and Kitazawa, T. (2019) Ulva spp. Distribution Observed by Using High-Spatial Resolution Satellites – Case study: Yatsu tidal flat, Chiba Prefecture –. Bulletin of Geo-Environmental Science, 21, xxx-xxx(受理).
  • Shiraki, Y. , Kitazawa, T. , Lee, S. and Senga, Y. (2018) A Method for Determining Batillaria attramentaria Distribution Using Aerial Balloon Photography and a Vegetation Index Camera: Demonstration at the Yatsu Tidal Flat, Chiba Prefecture. Advances in Remote Sensing, 7, 15-24. doi: 10.4236/ars.2018.71002.
  • 李 盛源,下岡 順直,白木 洋平,北沢 俊幸(2017):自然現象再現型モデルとICTツールを用いたアクティブ・ラーニングの試み -水文環境教育を例として,国際ICT利用研究学会研究会研究論文集,1,27-31.
  • 李 盛源,下岡 順直,白木 洋平,北沢 俊幸(2017):水文環境教育におけるアクティブ・ラーニング導入の試み,地球環境研究,18,123-129.
  • 白木 洋平,加藤 一郎(2015):衛星画像の環境教育への適用に関する研究,地球環境研究,17,123-129.
  • 下岡 順直,李 盛源,北沢 俊幸,白木 洋平,清水 隆一(2015):熊谷市荒川右岸地域自然環境を用いたジオツアーの作成と実施:大学における環境教育への導入の試み,地球環境研究,17,49-54.
  • Shiraki. Y, Y. Shigeta(2013):Effects of Land Surface Temperature on the Frequency of Convective Precipitation in the Tokyo Area, Journal of Geographic Information System, 5(3), 303-313.
  • 白木洋平, 近藤昭彦, 渡来靖(2011):NOAA/AVHRRを用いた関東地方の明け方における地表面温度の特徴,環境科学会誌, 24, 472-479.
  • 白木洋平, 山下亜紀郎, 谷口智雅, 香川雄一, 一ノ瀬俊明, 豊田知世, 吉越昭久, 谷口真人(2011):アジアのメガシティにおける都市の発達が郊外との温度差に与える影響, 地球環境研究, 13,107-113.
  • 白木洋平(2011):東京都周辺における夏季の対流性降雨の特徴, 地球環境研究, 13, 83-86.
  • Taniguchi. M, Y. Shiraki, S. Huang (2010) : Effects of global warming and urbanization on surface/subsurface temperature and cherry blooming in Japan, Groundwater Response to Changing Climate, 49-54.
  • 白木洋平 (2010) : NOAA衛星画像を用いた関東地方における明け方の地表面温度の特徴, 地球環境研究, 12, 155-160.
  • Taniguchi. M., A. Yoshikoshi, S. Kaneco, S. Buapeng, R. Delinom, F. Siringan, C.H.Wang, B. Lee, Y. Shiraki, T. Endo, A. Yamashita (2009) : Changes in the reliance on groundwater versus surface water resources in Asian cities, IAHS Publ, 330, 218-224.
  • 松本太, 一ノ瀬俊明, 白木洋平, 李龍太 (2009) : 都市内河川の大規模復元による「風の道」の効果に関する気候学的研究 -韓国ソウル市清渓川を事例として-, 日本生気象学会雑誌, 46, 69-80.
  • 白木洋平, 樋口篤志, 近藤昭彦 (2009) : 東京都周辺域における都市環境が降水に及ぼす影響,環境科学会誌, 22, 187-195.
  • 平野勇二郎, 一ノ瀬俊明, 井村秀文, 白木洋平 (2009) : 打ち水によるヒートアイランド緩和効果のシミュレーション評価, 水工学論文集, 53, 307-312.
  • 一ノ瀬俊明, 白木洋平, 松本太, 盧軍, 花木啓祐 (2007) : 都市空間情報基盤不足地域における熱環境評価の試み,環境システム研究, 35, 147-154.
  • 白木洋平, 近藤昭彦, 一ノ瀬俊明 (2007) : GISとリモートセンシングを用いた地表面構造が都市の気温形成に及ぼす影響評価,環境科学会誌, 20,347-358.

その他論文

  • 白木洋平,小林彩乃(2017):土地利用の変化が地表面温度に与える影響 -台北市を例として-,国際 ICT 利用研究学会論文誌 創刊記念号, 1(1), 154-159.
  • 北沢俊幸, 白木洋平, 李盛源, 千賀有希子(2014):低高度の空中立体写真撮影法「ヤジロベー」の開発, コンピュータ技術と環境動態論文集,4, 1-3.
  • 吉越昭久, 香川雄一, 加藤政洋, 谷口智雅, 安達一, 鈴木和哉, 山下亜紀郎, 一ノ瀬俊明, 井上 学, 白迎玖, 片岡久美, 遠藤崇浩, 白木洋平, 戸所泰子, Josaphat Tetuko Sri Sumantyo, 谷口真人(2010):ジャカルタの都市発展プロセスと環境変化 -水環境と文化遺産の課題を中心に-, 立命館国際地域研究, 32, 105-117.
  • Matsumoto. F, T. Ichinose, Y. Shiraki, I. Harada : Climatological study of mitigation on thermal environment by a large restoration of inner-city river - A case of Cheong-Gye Stream in Seoul City -, 5th Japanease-German meeting on urban climatology -Climate analysis for urban planning-, 87-94, 2009.
  • Shiraki. Y, T. Ichinose, F. Matsumoto, J. Lu, K. Hanaki : Attempt to evaluate thermal environment in the area with a lack of urban spatial information database, 5th Japanease-German meeting on urban climatology -Climate analysis for urban planning-, 185-190, 2009.
  • Shiraki. Y, A. Kondoh, A. Higuchi, M. Taniguchi : The effect of an urban environment on the precipitation, 5th Japanease-German meeting on urban climatology -Climate analysis for urban planning-, 113-118, 2009.
  • 白木洋平,近藤昭彦,中井正一(2006):千葉県における低地の土地条件と災害要因に関する研究, 第5回水文過程のリモートセンシングとその応用に関するワークショップ,1-6.
  • 白木洋平、近藤昭彦、一ノ瀬俊明(2006): GIS・リモートセンシングを用いた都市構造が都市気温分布に与える影響評価, 第5回水文過程のリモートセンシングとその応用に関するワークショップ, 7-12.

国際学会のProceedings

  • Ichinose. T, L. Lee, F. Matsumoto, Y. Shiraki, I. Harada : Mechanism of mitigation of atmospheric environment by a large restoration of inner-city river (Cheong-Gye Stream in Seoul), The 7th International Conference on Urban Climate, CD-ROM, 2009.
  • Shiraki. Y, M. Taniguchi, K. Kitaoka : Effect of the heat island on subsurface temperature, The 7th International Conference on Urban Climate CD-ROM, 2009.
  • Shiraki. Y, M. Taniguchi, K. Kitaoka : Effect of the heat island on subsurface temperature, AGU fall meeting CD-ROM, 2008.
  • Shiraki. Y, I. Harada, H. Kuze, T. Ichinose : Experimental study on the effect of Cheongegecheon restoration on urban environment(Long-path measurement of atmospheric pollutant species with an obstruction flashlight), ISPRS Technical Commission VI Symposium,CD-ROM,2006.
  • Shiraki. Y, A. Saito, S. Goto, Y. Fukuoka, F. Matsumoto : Research on the making factor of the heat island in the early-morning of Kumagaya , 26th Asian Conference on Remote Sensing, CD-ROM,2005.

著書

  • 白木洋平 (2016:分担執筆):第6章 都市の発展が市街地と周辺地域の地表面温度差に与える影響,土地利用でみるアジアの都市化と自然環境,筑波大学出版会,ISBN: 978-4904074398.  
  • 白木洋平(2016:分担執筆):6.16リモートセンシングの画像処理方法,立正大学地球環境科学部環境システム学科編「環境のサイエンスを学ぼう -人と地球の未来のために-」, 丸善出版, ISBN978-4-86345-281-7.
  • The Proceedings of 2015 International Conference on Computer Application Technologies Satoshi Takahashi, Antoine Bossard, Yohei Shiraki and Toshiyuki Tanaka IEEE CPS 2015/08/31 978-1-4673-8211-3 .
  • 白木洋平 (2011:分担執筆) :1.1地球観測衛星ランドサットを用いた富士山周辺のモニタリング・6.12ジオインフォマチックスで都市を管理する・7.10環境データの処理と解釈・7.11文献検索の意義と方法,立正大学地球環境科学部環境システム学科編「環境のサイエンスを学ぼう -人と地球の未来のために-」, 丸善出版, ISBN978-4-86345-099-8.
  • 白木洋平 (2011:分担執筆) :5-1宇宙から見た都市・5-2地表面温度,p168-171,谷口真人・谷口智雅・豊田知世編「アジア巨大都市 -都市景観と水・地下環境-」, 新泉社, ISBN978-4-7877-1103-8.
  • 白木洋平 (2010:分担執筆) : 4.6. ヒートアイランド形成に関わる土地被覆のリモートセンシング,p67-74, 福岡義隆・中川清隆編「内陸都市はなぜ熱いのか -日本一高温の熊谷から-」, 成山堂, ISBN: 978-4-425-51261-4.

報告・解説・その他

  • 北沢俊幸,白木洋平,李盛源,千賀有希子(2014):「ヤジロベー法」による超高分解能空中写真の撮影,写真測量とリモートセンシング,53(6),274-275.
  • 白木洋平(2010) : Integrated Data Viewer(IDW),測量, 59,p58.